子どものためのピアノレッスン (ソルフェージュ込み)

 子どものピアノレッスン 

演奏力に結びつくオールラウンドな音楽力  

当教室のピアノレッスンは、音楽の基礎となるソルフェージュを組み込んでいます。聴音、歌う、初見、音楽理論など様々な要素を楽しみながらバランスよく音楽を身につけることができます。



子どもの年齢

幼い子どものレッスンは音楽に興味を持ち始めている3歳以上が対象です。 



        ピアノテキスト    

初心者レベル (Beginners)

・イギリスやアメリカのテキスト(日本語版、英語版)

「Dogs and Birds」「 Get Set! piano」 その他



初級〜上級レベル (Elementary 〜 Advanced) 

バロック〜近現代の幅広い時代の作曲家の曲集を使用。レッスンでは、それぞれの時代の演奏スタイルや特徴を学ぶことができます。 


バロック期  (バッハ他…)

クラシック期 (ハイドン、モーツァルト他…)

ロマン期 (ショパン他…)

近・現代 (ドビュッシー他…)

   

   

テクニック 

スケール・アルペジオ (音楽理解を深め技術力を強化)


音楽理論(筆記)

グレード1〜5

ワークブックを使用します。演奏により深みを与えるために音楽理論(セオリー)を学び、音楽の知識や理解力、創造力を身につけます。


併用曲集

クラシック名曲集、クリスマス、バレエ曲、オペラ曲、映画音楽、ジャズ、ポップスなど、好み、進度に合わせて選びます。







「Get Set! piano」


21世紀の子どものための個人レッスンに提供するために書かれたイギリスのピアノ教本
3歳から7歳のピアノメソッドDogs and Birds1
 「Dogs And Birds」の内容
「Dogs and Birds」は3歳から7歳までの子供に対応したメソッドです。


ピアノを弾きながら歌うことに重点をおいています。



そのメソッドはハンガリーのコダーイ・ゾルターンによって開発された子供たちを教える非常に成功したアプローチにルーツを持っています。


ピアノを演奏することを学ぶだけでなく、子供は歌うことで、しっかりとした基礎を築き、更なる音楽の勉強にそなえます。



3〜7歳のピアノメソッドDogs and Birds1


歌うことの大切さ

歌うことは、このメソッドの極めて重要な側面です。


歌うことは、音楽的なフレーズを表現すること、そしてメロディーを自然に形作ることができ、多くの音楽的概念を強化するのに役立ちます。


最初は「ドレミ...」ではなく「dog」や「 bird」のような英語による動物名で歌います。    



総合的な音楽力を身につけるレッスン 
ピアノテキスト「 Dogs and birds」は 動物の美しいイラスト入りで音楽を幅広く学びます。  


・ピアノを弾きながら 正しいピッチで歌う 

・初見視唱

・初見

・リズム・エクササイズ

・ソング・ フィンガー・エクササイズ

・耳を鍛える

・即興、絵を描く

・作曲




その他のテキスト


音楽理論テキスト
バロックから近現代のピアノ曲集
ピアノタイム「オペラ」
ピアノタイム「クラシック」
名曲揃いのABRSM課題曲集












 大阪泉南郡熊取町

 Tピアノ音楽教室   

(ピアノ ソルフェージュレッスン)

http://t-piano-class.simdif.com/