ABRSM英国王立音楽検定 について(国際資格)

ASSOCIATED BOARD OF THE ROYAL SCHOOLS OF MUSIC(ABRSM)

英国王立音楽検定    


国際化が進む中、留学を目指す人も多いはずです。そこでぜひ取得したいのが、英国王立音検定です。英国王立音楽検定は初心者からプロをめざす方まで毎年63万人以上がチャレンジする世界最大規模の音楽検定です。合格者には合格証が、すべての受検生に検定員のコメントが入った成績表が授与されます。 


世界約90ヶ国以上で実施

日本での検定は年2回実施されています。

世界基準による考査。
様々な楽器で受検できます。

当教室はピアノ、音楽理論、ソルフェージュ検定に対応しています。


検定員は全員英国人ですが、ご希望により通訳を依頼することができます。 (受検に必要な英語を教えることもできます)

 

こんな方に最適です 


・どれくらい進歩したか自分のレベルを測りたい。 

・さまざまな曲に触れてレパートリーの幅を広げたい。     

・音楽をバランスよく学びたい。     

・国際的に通用する資格を取得したい。(入学願書や履歴書に記載できます) 

・人前での演奏の機会を多く持ちたい方にもおすすめです。   



 

ABRSMロンドン 旧オフィス

どんな検定なの?

英国王立音楽検定協会は、1889年に音楽の普及と音楽教育の向上を目的とし、伝統ある4つの英国王立音楽大学のもとで設立されました。この団体の総裁は英国王室に継承され、現在はエリザベス女王が就任されています。


協会の主な活動は、音楽検定試験の実施、楽譜の出版、指導者セミナー、演奏会の開催などが挙げられます。なかでも音楽検定は、英国内はもとより世界90ヶ国以上で毎年63万人以上が受検する世界最大規模の音楽検定、120年以上の伝統と世界各国での実績があり、国際的評価を得ています。



実技試験の内容(グレード1〜8 ) 

グレード1は初心者レベル、

グレード8は英国の音楽大学入学レベル


課題曲3曲 演奏         
スケールとアルペジオ(暗譜要)  
初見演奏      
オーラルテスト(口頭による聴音課題) 

  

その他の試験


ディプロマ検定(国際的に通用する学位取得が可能)      

・ARSM(2017年からスタートした演奏のみのディプロマ)

・DipABRSM(英国の音楽大学または音楽院1年次修了レベル)  

・LRSM (英国の音楽大学または音楽院2〜3年次修了レベル)  

・FRSM(英国の音楽大学または音楽院最終年次修了レベル)  


ソルフェージュ検定 


音楽理論検定 


Prep test 

プレパラトリー・テストは初心者を対象とした合否判定のない試験です。検定後アドバイスやコメントの書かれた受検証書がその場で手渡されます。     

       

パフォーマンス・アセスメント(大人の演奏検定)

初心者〜指導者の方まで、どの演奏レベルの方でも受けられる合否判定のない試験です。検定が終わるとアドバイスやコメントの書かれた受検証書がその場で手渡されます。     





 大阪泉南郡熊取町 

Tピアノ音楽教室 (ピアノ ソルフェージュレッスン)

T-Piano-Class

  http://t-piano-class.simdif.com/